ロケ候補地詳細

月読神社(つくよみじんじゃ)

※画像をクリックすると拡大画像が見られます。

  • Share (facebook)
  • twitter
  • google plus
データID 420111153
FC名 長崎県フィルムコミッション
キャッチコピー 日本神道発祥の地
所在地 長崎県壱岐市芦辺町国分東触464番地
撮影日 2011年4月
撮影時刻
撮影時天候
説明文 伝統と格式を誇る式内社の1つです。 古事記では伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)が天照大御神の次に産んだのが月読命(つくよみのみこと)とされています。 京都の月読神社は、487年壱岐の県主(あがたぬし)の先祖忍見宿祢(おしみのすくね)が壱岐から分霊したもので、ここは神道の発祥の地とされています。 県道に面した鳥居から桧林の中を急な石段の参道がつづき、鬱蒼として神秘的なたたずまいを見せています。
対象物の年代 明治前
駐車場 なし。しかし参道前に数台駐車可能。
連絡先 〒850-8570
長崎県長崎市尾上町3-1 
長崎県庁5F
問い合わせ TEL: 095-826-9407
FAX: 095-824-3087
問い合わせはこちら

アクセス

※上記地図は所在地およびロケ地の名称を元に表示しております。実際の場所と異なる場合がありますので予めご了承ください。

候補リストに戻る

トップページ > 候補地検索 > 候補リスト > 月読神社(つくよみじんじゃ)