ロケ候補地詳細

楠原教会(くすはらきょうかい)

※画像をクリックすると拡大画像が見られます。

  • Share (facebook)
  • twitter
  • google plus
データID 420111124
FC名 長崎県フィルムコミッション
キャッチコピー 迫害をくぐり抜けた信者がこつこつと貯蓄を増やし設立した教会
所在地 長崎県五島市岐宿町楠原736−3
撮影日 2009年7月
撮影時刻
撮影時天候
説明文 明治45(1912)年、教会建築の名工鉄川与助により3年の歳月をかけて完成したのが現在の楠原教会です。内部はリブ・ヴォールト天井、外観はレンガ造りのゴシック様式で、下五島に現存する教会としては、堂崎教会に次ぐ2番目に古い教会です。境内にはファチマの聖母と牧童達のかわいい像を配した一角があり、こちらも祈りの場になっています。 また、近くには明治元(1868)年の弾圧でキリシタンが投獄された楠原牢屋敷跡があり、記念碑が建てられています。牢屋敷当時の柱材の一部は、お告げのマリア修道会楠原分院の建物の一部として約40年間使用されましたが、修道院の解体に伴い、平成8年に復元された現在の牢屋敷跡に使われ当時の名残をとどめています。
対象物の年代 1912年
駐車場 有(20台)
連絡先 〒850-8570
長崎県長崎市尾上町3-1 
長崎県庁5F
問い合わせ TEL: 095-826-9407
FAX: 095-824-3087
問い合わせはこちら

アクセス

※上記地図は所在地およびロケ地の名称を元に表示しております。実際の場所と異なる場合がありますので予めご了承ください。

候補リストに戻る

トップページ > 候補地検索 > 候補リスト > 楠原教会(くすはらきょうかい)